35.女郎という生き様[毬谷友子]
(2007-11-13 15:37:00) by 宮城野ひいき連


<画像:IMG_8008.jpg>

毎夜、幾度となく繰り広げられるニセ物の恋の宴…そこは女郎屋“竹の家”。

宮城野公式サイトのメッセージで毬谷友子さんも語った下さった通り、この物語の主人公・宮城野は、どんな女性の中にもある“魔性と聖性”の象徴とも言えるキャラクターです。「浮世」「情」「粋」「艶」…江戸時代の娼婦のあり方を詳しく知れば知る程、そこには今の日本ではあまり使われなくなってしまった切なくも美しい言の葉が続々と浮かび上がってきます…。


Copyright 2007 映画「宮城野」抱え主一同. All Right Reserved.

35/67

コメント投稿
次の記事へ >
< 前の記事へ
一覧へ戻る

以下のリンク先はパソコン用のホームページです。携帯では正しく見ることが出来ません。視聴される場合はパケット代にご注意ください。

宮城野ひいき連かわら版(パソコン用)
映画宮城野公式ホームページ(パソコン用)

Powered by
MT4i 3.0b3